プロフィール

左手のピアニスト 岡田侑子

2013年同志社女子大学学芸学部音楽学科卒業。在学中ピアノを故田渕千代子氏に、音楽療法を濱谷紀子、稲田雅美の各氏に師事。2011年右手の局所性ジストニアの診断を受けたことがきっかけで左手のピアノの世界と出会う。同時に音楽家のための医学や音楽生理学を学び始める。2013年左手にも局所性ジストニアを発症するが、音楽医学、音楽生理学で得た知識をもとに独自のリハビリを行い、2016年左手のピアニストとして活動を始める。片手のピアノリサイタル(@生駒市たけまるホール)、バリアフリーコンサート(@奈良学園前ホール・大阪府立中央図書館ライティホール)などの演奏会出演とともに、東京都三鷹市高山小学校人権講演会、生駒市人権教育講座「山びこ」など、各種学校や市町村の講座でも講演を行う。自身のジストニア対処、音楽家の身体の故障問題に取り組むため、大阪大学大学院医学系研究科科目等履修生高度プログラム「スポーツ医科学研究プログラム」にて解剖生理学や運動学、スポーツ医学などを学び、2019年3月修了。